400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to server.localhost.com's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/gshb6.txt (port 80)

ビスケットプログラミングコンテスト2018審査開始
お待たせしました。応募された65個のパズル作品を詰め込んだ審査用アプリ「ビスケットパズルコレクション1」がリリースされました。みなさんもぜひインストールをして、コンテスト審査にご協力お願いします。

iOS版のアプリは審査期間中(2018年11月30日まで)は無料で、Android版は2018年10月25日から2018年11月1日までの1週間のみ無料でインストールできます。

審査方法

アプリに掲載されている作品の順番は、公平性のため、インストールした人ごとにランダムに並びます。一度順番が決まると、アプリを削除しない限りその順番は保存されますので、気にせずに上から順に遊んで審査してください。時間の都合で途中までしか審査できなかったとしても、公平さは保たれますので、無理のない範囲でお願いします。作品一覧ページでは、タイトルとアイコンが表示されますが、タイトルやアイコンで面白そうなものだけ選んで審査をすると、逆に公平ではなくなるので、上から順に審査をお願いします。

複数の作品を応募してくださっている方もおり、それも公平な審査に影響を与えますので、作者名も伏せてあります。年齢も5歳から60代まで幅広く応募してくださっていますが、今回はあえて子どもだからと手加減せずに、できた作品そのものの良さで審査していただくよう、年齢も伏せてあります。

審査は5つの項目を5段階で評価します。進めて行くうちにご自身の審査基準がずれていってしまうかもしれませんが、それもあまり気にしないで直感で進めてください。また、何度も評価を変更することができます。その場合は、前の評価が上書きされます。

アプリの中に作品がすべて埋め込まれており、ネットが繋がっていない状態でも遊べます。評価を投稿するにはネットが必要ですが、ネットがない状態でも気にせずに評価をすることができ、後日ネットが繋がった状態でアプリを起動したり、新たに評価した場合に、それまでの分も含めて送信されますのでネットのことはあまり気にしなくてもよいです。ネットのない場所(繋がりにくい場所・飛行機の中など)でもどんどん遊んでみてください。

もし、どうしても作者に伝えたいことがある場合には、審査ページにコメントを投稿できる仕組みを用意しましたので、ご利用ください。内容をチェックの上、作者にお伝えします。また、良いコメントは審査終了後のバージョンアップで「コメント」として掲載される場合があります。コメントの入力時はネットが必要です。

審査項目

作品で遊んだのち×ボタンを押すと上記のような審査画面に移動します。5つの項目を5段階で評価してください。星を押すと黄色い星に変わります。黄色い星の数が評価になります。



えがいい
見た目の良さを審査していただきます。


メガネがすごい
動き・プログラムの良さを審査していただきます。メガネが思ったより少なかったというのを評価してもいいですし、逆にメガネの数がすごいことを評価してもよいです。ご自由にどうぞ。


はまる
パズルとしての面白さを審査していただきます。類似のパズルがある場合や、元ネタがある場合、出典がある場合など、評価に困ると思います。作者ご本人に確認もしますが、もし元ネタをご存知でしたらデジタルポケットまでご連絡いただけますと幸いです。例えば、パズルの本などで紹介されている例題をそのまま使ってしまったという場合は、無断で使用すると権利的に訴えられる可能性があるので、ご連絡ください。交渉して許諾を取るなどの対策をします。疑いながら審査するのは難しいので、ここでは出典があるなしに関わらず、遊んでいて面白ければ高得点をつけてくださって構いません。


グッドアイデア
これはパズル以外の部分のアイデアを評価します。パズルとしてはそれほど面白くないけれど、あまり思いつかなかったアイデアなどが高得点になります。こういうアイデアはタネのようなものです。突き詰めると面白いパズルに繋がります。


おすすめ
総合評価です。あなたが何を重視するかで評価が変わりますが、気にせずに他の人におすすめしたいかどうかで決めてください。このオススメの評価の星が、作品一覧ページにも反映されます。

入賞作品

どういうものを入賞作品とするのか、いくつ入賞作品を選ぶのか、などは未定です。できるだけ多くの作品を様々な角度から評価したいため、5つの項目をこのように選びました。たとえば、他の評価は全部低いけれど、グッドアイデアの評価がとても高い、という作品があった場合、「キラッと光る賞」という名前をつける感じです。